健康的に暮らす自然素材・温度バリアフリーの木造注文住宅

  • 栃木県、自然素材の家で暮らす。

    栃木県で安心・安全な家づくりを無垢材と自然素材で造っています。栃木県で木の家・木造住宅を専門に手がけているがやはり常に気にしているのは木材の乾燥度合い。なぜ気にしているかというと冬に24時間暖房すると通常の家より湿度が低く木材の乾燥が進んで床のフローリングや柱・壁の取り合いに隙間が目立ってきたりするからです。

    詳しく見る

  • 栃木県民、冬を暖かく健康的に暮らしてほしい。

    栃木県民、冬を暖かく健康的に暮らしてほしい。

    栃木県が冬季死亡者数増加率ワーストワンであることは、何度かお知らせしていますが、栃木県の地元紙・下野新聞一面に記事が掲載されていたので紹介します。栃木県民の冬を暖かくし健康的に暮らしてほしいのです。ヒートショックで健康を害さないために、暖房費がかからない高性能住宅、家全体を暖房しても光熱費が膨大にならずに済む高性能住宅で健康的に暮らしてください。

    詳しく見る

  • 栃木県、自然素材・塗壁・無垢材で造る木の家。

    栃木県、自然素材・塗壁・無垢材で造る木の家。

    栃木県で自然素材・無垢材で木の家づくりをしている工務店・木の城工房。家族が健康的に暮らせる安心な室内空間を漆喰・珪藻土の塗壁や自然素材・無垢材で造っています。冬暖かい夏涼しい木の家づくりで栃木県民が健康に過ごせるよう高性能住宅を提案しています。栃木県民が冬季死亡者数増加率ワーストワンの返上を早期に実現したいですね。

    詳しく見る

  • 栃木県、木の家・木造注文住宅の工務店

    栃木県、木の家・木造注文住宅の工務店

    栃木県で冬暖かく夏涼しい木の家を造る工務店、木の城工房。小さな工務店ですが、木の家に対するこだわりが強い工務店です。栃木県産・無垢材と自然素材で木造注文住宅を造り続けています。栃木県民が健康的に的に暮らすための高性能・低燃費な木の家づくりで、健康寿命が長く、光熱費のかからない家d栗をしませんか。

    詳しく見る

  • 自然素材・塗壁材の調湿性能、栃木県の健康住宅。

    自然素材・塗壁材の調湿性能、栃木県の健康住宅。

    自然素材の塗壁材、珪藻土・漆喰や無垢の木材、断熱材のセルロースファイバーにまで調湿作用、調湿性能をうたっている場合が多いですね。湿気(水蒸気)は相対湿度の高い場所から低い場所へ移動します。夏は屋外から室内へ移動、冬は室内から屋外へ移動するのが一般的です。壁の室内側に防湿層がない場合は理想と違う方向へ湿気は移動してしまいます。

    詳しく見る

  • 栃木県、健康的に暮らす、健康住宅。

    栃木県、健康的に暮らす、健康住宅。

    木の城工房では、栃木県で健康的に暮らせる住宅、健康な暮らし方の提案をしていますが、それは栃木県が冬季死亡者数増加率ワーストワンという不名誉な県だというのもその理由の一つ。家は雨風をしのぐだけではなく、健康に過ごせる、心と体を休めるばしょである必要あると思います。

    詳しく見る

  • 栃木県、自然素材・無垢材で木の家づくり。

    栃木県、自然素材・無垢材で木の家づくり。

    出来るだけ栃木県産の木材、無垢材や自然素材で家づくりを提案しています。地元栃木県産の木材を使うことで森林のサイクルを守り環境保全につながります。外国産の木材は安価なものも多いですが、海外からの運搬に使われるエネルギーを考えても環境にやさしいとは言えないからです。

    詳しく見る

  • 栃木県、自然素材・健康住宅

    栃木県、自然素材・健康住宅

    栃木県民に自然素材の健康住宅で安心して暮らしてほしいですね。健康住宅ってどんな家を言うのでしょうか?一般的に健康住宅といえば、シックハウス対策のために、自然素材を内装に用いた揮発性有機化合物の発生が少ない住宅を健康住宅と言っていると思います。人によって症状が違いますが、目がちかちかする、めまいがするなど普通の日常生活が送れなくなるなど症状の重い方もたくさん出てしまいました。また、化学物質過敏症という少量の化学物質でも症状が出てしまう方もいらっしゃいます。

    詳しく見る

  • 栃木県で健康的な田舎暮らし、別荘生活。

    栃木県で健康的な田舎暮らし、別荘生活。

    栃木県で田舎暮らし、移住、別荘暮らしをしたいと思ってくれている方を脅かすつもりはないけれど、知っておいてほしい事実があります。栃木県は日本の中で特に寒い地域でないのは皆さんご存知の通りですが、冬季死亡者数増加率はワースト・ワンの不名誉な県だったのです。栃木県の別荘地といえば那須町、那須塩原市、日光市、さくら市あたりに別荘地が多い。特に那須地域は、地元民も知らないような別荘地・分譲地が多い。

    詳しく見る

  • 栃木県、ヒートショック対策は必須。

    栃木県、ヒートショック対策は必須。

    栃木県の冬季死亡者数増加率が高いのは、栃木県民の生活習慣が原因と思われる。浴室・脱衣室の室温の低さからヒートショックを起こしなくなる方が多いと思われる。全国で見ると入浴中の死亡者数は年間17000人、交通事故死亡者数4,117人の4倍。栃木県で冬季に家全体を暖房して暮らす過程はまだまだ少数派。住宅の断熱・気密性能の低さからいる部屋だけ、居る時だけの暖房で、寝室などでは寝る前までで暖房を切ってしまう家庭が多い。浴室・脱衣室に至ってはまだ無暖房の過程も多い。

    詳しく見る

  • 栃木県、木の家で健康的に暮らす。

    栃木県、木の家で健康的に暮らす。

    栃木県にはまだ自然豊かな環境が残されていますが、実際に生活している建物の室内環境はどうでしょうか。新建材に囲まれた空間で長時間生活し続けることは、家族の健康とって問題ないのでしょうか。
    森林浴の効果」 自然豊かな森林の中を歩いて、癒しを求める「森林浴」。「森林浴」にはどんな効果があるのでしょう。森林浴の人体にもたらす効果は、フィトンチッドと呼ばれる物質です。フィトンチッドは森林中の香り、木の香りです。樹木が放出している「テルペン類」とよばれる有機化合物です。



    詳しく見る

  • 栃木県の健康住宅、シックハウス症候群対策。

    栃木県の健康住宅、シックハウス症候群対策。

    栃木県で健康に暮らせる住宅、シックハウス症候群対策の家づくり。新しい住まいに慣れたころ、風邪や花粉症に似た症状に悩まされていたら、それはシックハウス症候群かもしれません。シックハウス症候群とは、“居住者の健康を維持するという観点から問題のある住宅の健康障害の総称”を意味します。

    詳しく見る