夏涼しく冬暖かい高性能・低燃費住宅

  • 栃木県、ZEH(ネットゼロ・エネルギー住宅)で満足?

    栃木県、ZEH(ネットゼロ・エネルギー住宅)で満足?

    栃木県さくら市のZEH住宅(ゼロ・エネルギー住宅)。ゼロ・エネルギー住宅といっても快適性が十分とは言えないレベルの住宅もある。ゼロ・エネルギー住宅=冬暖かく夏涼しい低燃費住宅とは限らない。さくら市のゼロ・エネルギー住宅(ZEH)で165万円、三世代同居対応住宅で30万円の他に栃木県産材の補助も利用した古民家風住宅。住宅の断熱性能は、ほどほどで太陽光発電をたくさん載せればZEH(ゼロ・エネルギー住宅)になってしまう。

    詳しく見る

  • 栃木県、夏涼しく冬暖かい家で暮らす。

    栃木県、夏涼しく冬暖かい家で暮らす。

    栃木県で冬暖かく夏涼しい家で健康的に暮らしてほしいと考えて家づくり、暮らし方を提案しています。「冬暖かい家」ってどんなイメージを持っているでしょうか。無暖房でも暖かく暮らせる家と思う方はごくわずかだと思います。天気の良い日は無暖房で暮らせる超高性能な家づくりも可能ですが、どうしてもヒザシノ少ない日が続くと無暖房では徐々に室温が低下し、少し暖房が欲しくなる日もあります。少しの暖房エネルギー(暖房費)で家全体が暖かい(22℃程度)暮らしが出来たら満足ですよね。完成見学に来られる方の中には「暖房しても12℃以上にはならないよ」なんて声もあります。吹き抜けがあっても足元の暖かい家ってあこがれますよね。

    詳しく見る

  • 低燃費・高性能住宅の設計施工、栃木県。

    低燃費・高性能住宅の設計施工、栃木県。

    栃木県宇都宮市の高性能住宅、設計・施工。外壁は無垢焼き杉板張り、内装は自然素材で低燃費な住宅となりました。さくら市に予定していましたが、宇都宮市石町の35年程度前の分譲地に建っていた両親が建てた住宅を解体して建てることに。エアコン風好きでない奥様のために、出来るだけ暖かい住宅を設計提案することとしました。ご夫婦も希望の間取り、配置にすると、冬は南側二階建て住宅の影が1F窓の半分ぐらいまでかかってしまい、寒いリビングになってしまうため、影が窓にかからない配置とし、間取りも変更。1・2階の南面大開口に冬の間影が掛からないように、ベランダ・軒の出を設計。パッシブデザインとし暖房エネルギーを最小限になるよう高性能・低燃費な住宅設計を提案しました。

    詳しく見る

  • 栃木県、パッシブデザイン住宅、高性能・低燃費住宅。

    栃木県、パッシブデザイン住宅、高性能・低燃費住宅。

    栃木県、パッシブデザイン住宅、太陽とうまく付き合う。冬季の太陽熱を最大限室内に取り入れて蓄熱。暖房エネルギーを小さくする。夏は軒の出・庇と共に窓の外で日射遮蔽をし、日射取得を極力少なくし、わずかな冷房エネルギーで涼しく暮らせるデザイン。冬季の日射取得量と窓から逃げる熱量の差を最大にするパッシブデザイン・パッシブ設計。夏は日射遮蔽の出来る設計が必要。小さな冷暖房エネルギーで健康的・快適に暮らせるエコハウスを目指しましょう。

    詳しく見る

  • 栃木県、高性能住宅の必要性。

    栃木県、高性能住宅の必要性。

    栃木県に高性能住宅が必要な訳。冬の死亡者増加率、ワーストワンは栃木県。冬季に志望者が増加するのは、北海道や青森など北の寒い地方と思ってしまうが、なんと栃木県がワーストワン。そして茨城・山梨・愛媛と北関東や四国なども。冬・ヒートショックにならない、暖房費が安価で暖かい暮らしが出来る高性能住宅が必要です。

    詳しく見る

  • 栃木県、夏涼しい家づくりは結構難しい

    栃木県、夏涼しい家づくりは結構難しい

    栃木県で夏涼しい、冬暖かい家とハウスメーカー、ビルダー、工務店、ローコスト住宅まで当たり前のようにうたっています。夏、エアコンで冷房をかけ続ければ涼しいと思える室内になりますが、そのための冷房費はどのぐらいかかりますか?足元と天井近くの温度差大きくて不快ではありませんか。
    栃木県で夏涼しく冬暖かい、健康的に暮らせる家づくりを提案。

    詳しく見る

4 / 41234