夏涼しく冬暖かい高性能・低燃費住宅

  • 栃木県、足元冬暖かい木の家・木造住宅。

    栃木県、足元冬暖かい木の家・木造住宅。

    栃木県で足元が冬暖かい、木の家・木造注文住宅を提案しています。子育て~老後も健康的に暮らすためには、冬暖かく夏涼しく、温度・湿度を希望の温度に調節できる家が理想だと思います。特に足元が冬暖かい家は快適に暮らせます。栃木県の冬をほぼ無暖房で暖かく暮らせるパッシブデザインの高断熱住宅を造ることも可能です。床暖房で足元を暖かくすることももちろん可能ですが、電気ヒーター式はランニングコストが高く、使わなくなってしまうことも多い。ヒートポンプ式の床暖房がお奨めです。

    詳しく見る

  • 栃木県の高気密高断熱住宅?

    栃木県の高気密高断熱住宅?

    栃木県で冬暖かく夏涼しい、健康的に暮らせる住宅を造るためには、高気密高断熱住宅が必要になります。栃木県は北海道や東北ほど寒いい地域ではなく、猛暑日の多い、一位・京都府、二位・埼玉県・三位岐阜県程でもなく栃木県は26位。冬季死亡者数増化率は全国でワーストワンも不名誉な県となっている。

    詳しく見る

  • 栃木県、外断熱(壁)、外張り断熱の性能。

    栃木県、外断熱(壁)、外張り断熱の性能。

    栃木県で健康で省エネな暮らしをするための家づくりを提案。高性能住宅外断熱・外張り断熱の長所と短所を理解して工法を決めてください。断熱性能は工法に関係なく確保することが可能ですが、超恋鵜性能住宅にする場合には、外断熱・充填断熱の組み合わせ、さらに内断熱をする場合もあります。求める性能によって、工法・断熱材の提案をしています。

    詳しく見る

  • 気密性能と24時間換気、栃木県。

    気密性能と24時間換気、栃木県。

    栃木県で健康的に暮らすために気密性能の高い高気密高断熱住宅を提案してます。栃木県で冬暖かく夏涼しい暮らしをするためには、家の隙間が小さく、熱をロスしない気密性能の高い住宅でないと、冷暖房費が気になり、健康的な暮らしを犠牲にしてしまいがちになるからです。断熱性能は設計図からも解りますが、高気密住宅という言葉だけでは気密性能は解りませんし、設計段階では気密性能は把握できませんので全棟で気密試験・気密測定をする必要があります。

    詳しく見る

  • 栃木県 基礎の断熱、外断熱か内断熱か。

    栃木県 基礎の断熱、外断熱か内断熱か。

    栃木県で冬暖かく夏涼しい家を考えた場合、基礎を外断熱にするか内断熱にするか迷うことも多い。栃木県北部では氷点下-12℃になることもり、基礎外断熱を選択することが多い。シロアリ対策と断熱効果どちらを優先させるかと、費用のことも含めて判断するが、外張り断熱でも断熱材を土に接っしない収まりとし、捨てコンとの取り合いからシロアリに入られない工夫をして外断熱を選択することが増えています。

    詳しく見る

  • 低燃費住宅・冬暖かく夏涼しい家、栃木県那須塩原市。

    低燃費住宅・冬暖かく夏涼しい家、栃木県那須塩原市。

    低燃費住宅は暖冷房の費用を気にせずに、家全体を健康的・快適な温度・湿度に維持することができて住み心地最高です。栃木県那須塩原市南郷屋の設計・施工した高性能住宅の燃費を紹介します。夏涼しく、冬暖かいパッシブデザインの家。冬季集熱と夏季日射遮蔽性能を併せ持つ家。栃木県那須塩原市の施工例です。栃木県内、宇都宮市、高根沢町、さくら市、日光市、塩谷町、矢板市、那須塩原市、大田原市、那須町、那珂川町、那須烏山市。

    詳しく見る

  • 高気密高断熱住宅の高性能住宅を栃木県で。

    高気密高断熱住宅の高性能住宅を栃木県で。

    栃木県で健康的に暮らしてほしいために、高気密高断熱住宅・高性能住宅を提案しています。高性能自慢のための高気密高断熱ではなく、栃木県民にヒートショックのない冬暖かい暮らし、そして家の中で熱中症になるようなことのない夏涼しい暮らしをしてほしいと思います。栃木県が冬季死亡者数増加率ワーストワンなんて不名誉な暮らしから抜け出してほしいと思います。全棟気密試験実施しています。

    詳しく見る

  • 栃木県、高気密住宅の必要性、気密測定。

    栃木県、高気密住宅の必要性、気密測定。

    栃木県で健康的に暮らすための高性能住宅を提案しています。今でも「高気密住宅は息苦しいので中気密(低気密)住宅が希望です」なんて声を聞くことがあります。気密とは家の隙間の量のことです。隙間が少ないのが高気密住宅と呼ばれています。栃木県で健康的に暮らすための高性能住宅を提案しています。今でも「高気密住宅は息苦しいので中気密(低気密)住宅が希望です」なんて声を聞くことがあります。気密とは家の隙間の量のことです。隙間が少ないのが高気密住宅と呼ばれています。

    気密とは家の隙間の量のことです。隙間が少ないのが高気密住宅と呼ばれています。

    詳しく見る

  • 冬暖かい高性能住宅、栃木県。

    冬暖かい高性能住宅、栃木県。

    栃木県宇都宮市のパッシブ設計で冬暖かい高性能住宅の施工例。冬場は窓に影が差さず大開口全体で太陽熱を集熱し暖房エネルギーを抑さえ冬暖かく生活できる。日差しのあまりなかった翌朝朝でも、無暖房でも最低12℃台、晴れた日の午後は24℃になる。外壁部は外張り断熱+充填断熱(ダブル断熱・熱抵抗値約5.5)、天井は熱抵抗値約7.9)、窓は樹脂トリプルガラスLOW-Eに断熱ブラインドを設置している。Q値0.87の高性能住宅ならではの冬暖かい暮らし。

    詳しく見る

  • 栃木県、ZEH、ゼロ・エネルギー住宅施工例。

    栃木県、ZEH、ゼロ・エネルギー住宅施工例。

    栃木県でZEH、ゼロ・エネルギー住宅の施工例紹介。 ZEH(ゼッチ)(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)とは、「外皮の断熱性能等を大幅に向上させるとともに、高効率な設備システムの導入により、室内環境の質を維持しつつ大幅な省エネルギーを実現した上で、再生可能エネルギーを導入することにより、年間の一次エネルギー消費量の収支がゼロとすることを目指した住宅」です。

    詳しく見る

  • 栃木県、猛暑・熱中症対策を考えた家づくり。

    栃木県、猛暑・熱中症対策を考えた家づくり。

    栃木県でも猛暑日が当たり前のように、気温が上がった2018年の夏。しかしこの暑さはまだ序章に過ぎないのかもしれない。地球温暖化で栃木の夏も40℃声が当たり前になってしまうかもしれない。2100年の予想は北海道でも40℃超えの猛暑、加えて大型台風が頻発、2018年9月4日~5日の台風21号のような高潮・強風が頻発しているかもしれない。

    詳しく見る

  • 栃木県、冬暖かい家づくり。

    栃木県、冬暖かい家づくり。

    栃木県那須塩原市の寒い冬、無暖房でも冬暖かく暮らせる家づくり。超高性能な木造注文住宅、Q値0.73。1・2F南面のサンルームで冬季集熱し、室内を温める。断熱ラインはサンルーム内側にあり、夜間は集熱した熱で朝まで暖かく暮らせる。二中日差しがあった日は無暖房でも十分暮らせる18℃ぐらいまでしか室温が下がらない。冬暖かい暮らしは冬ものびのび暮らせ健康的に子育てができます。

    詳しく見る

3 / 41234