コラム一覧
栃木県、自然素材の家で暮らす。

 

栃木県さくら市、自然素材の家に入った家具を見せていただきました。

自然素材 制作家具 手作り

栃木県 自然素材 手造り家具 無垢材

無垢・製作家具
ウォールナットのテーブルとイス。

塗壁 中霧島壁

床  無垢杉フローリング厚30mm

 

 

 

 

制作家具 栃木県

栃木県 自然素材 健康住宅 手作り家具

背もたれの低いイスですが座り心地のいいイスです。

子様用に作っていただいたそうです。

肘掛付きのイス。鹿沼市の木行社さんの作品だそうです。
無垢材・自然素材のエコハウスに似合う家具はなかなかそろえられませんが、くるみ材のダイニングテーブル素敵です。うらやましい。
我が家のイスと交換して欲しいな。

栃木県さくら市、無垢材・自然素材にこだわって住まい造りをされた松本さま邸の点検。

自然素材 無垢の階段

栃木県 自然素材 無垢材 安心・安全な室内環境 シックハウス対策

無垢材の柱・梁・床板など無垢材をふんだんに使用した住宅で全館暖房をすると気になるのが収縮による隙間。

この日心配していた無垢杉の階段板、無垢杉板のフローリングの収縮もほとんど気にならない。これからまだ収縮する可能性はあるが一安心。家の不満を訪ねてみたところ、「和室照明のスイッチを2箇所設置すればよかったと言うことぐらい」。

 

 

 

 

栃木県で木の家・木造住宅を専門に手がけているがやはり常に気にしているのは木材の乾燥度合い。なぜ気にしているかというと冬に24時間暖房すると通常の家より湿度が低く木材の乾燥が進んで床のフローリングや柱・壁の取り合いに隙間が目立ってきたりするからです。

自然素材 安心・安全な素材

栃木県 安心・安全な家づくり 健康住宅 自然素材 無垢材

人工乾燥で含水率を18%以下に抑えた木材は収縮が少なくて高気密住宅に適しています。我が家では父が集めていた天然乾燥の木材を使用。大梁・桁は建て方から1年半以上経過して住み始めたが、「パリ」という音が一日に何度もします。全館暖房しても湿度が45%程度と高いことも木材からの湿気が放出されていることの証明と考えている。昨年10月に引き渡したさくら市の松本様邸では人工乾燥材を使用したが、木の割れる音はまったくしていないということでした。24時間全館暖房や床暖房の場合は、無垢のフローリングや根太・大引きなどが収縮やねじれを起こしやすいため、特に含水率の低いものが必要である
写真左側は無垢杉の人工乾燥のフローリングだが乾燥が十分でないもの。24時間暖房の我が事務所に2週間おいておいたもの。右は私がが使用している無垢杉のフローリング1年半以上事務所においてあるが反りは出ていない。