コラム一覧
栃木県、住宅リフォーム・改修工事。
栃木県 住宅リフォーム 住宅改修

栃木県 住宅リフォーム 住宅改修工事 矢板市 大田原市 那須塩原市 那須町 那珂川町 那須烏山市

栃木県で住宅のリフォーム、住宅の改修行うときにぜひ、健康に暮らせる住宅リフォーム・住宅改修工事を合わせて考えてほしいと思います。

水回りの設備のリフォーム・改修工事で設備だけを新しくしても、内装のリフォーム・改修工事で内装を自然素材で内装を行っだけでは健康的に暮らせるリフォーム、改修工事とは言えません。

 

 

 

 

栃木県 住宅リフォーム 住宅改修工事

栃木県 住宅リフォーム 住宅改修工事 宇都宮市 高根沢町 さくら市 日光市 塩谷町

健康的に暮らせる住宅リフォームとは、健康的な室温を確保できる断熱性能、設備を持つリフォーム、改修工事です。

猛暑日の多くなった夏、室温を27℃、湿度60%程度に保てる。冬は室温20℃、湿度50%程度に保てるのが望ましい。住宅全体を温度差が小さく、ヒートショック、熱中症の危険のない住宅にリフォーム、住宅改修を行ってほしいのです。

 

 

栃木県 住宅リフォーム 住宅改修工事

栃木県 住宅リフォーム 住宅改修工事 宇都宮市 高根沢町 さくら市 日光市 塩谷町

冬、ヒートショックで亡くなる方が交通事故の死亡者の4倍以上になっていることがTV・新聞等でも良く報道されています。

ヒートショックで亡くなる方の大半が入浴中の溺死によるものです。リビングなどの暖房室と脱衣室・浴室の室温の大きさによる血圧の急激な上昇、低下によるものです。

寒い部屋で裸になり血圧が上昇、浴槽の中で温まり血圧が急低下、意識を失い浴槽の中で沈み込み、溺死に至ってしまいます。

 

 

 

年齢別浴槽内溺死者

栃木県 住宅リフォーム 住宅改修工事 矢板市 大田原市 那須塩原市 那須町 那珂川町 那須烏山市

浴槽内での溺死者は65歳以上の高齢者が多い。

ヒートショックは高齢者にとってすごい危険なことであるのが解ります。住宅リフォーム、住宅改修工事を考える時には必ずヒートショック対策、猛暑対策を合わせて行って欲しいのです。

 

 

 

 

 

栃木県 ヒートショック対策 浴室 UBリフォーム

栃木県 ヒートショック対策 浴室 UBリフォーム 冬暖かいリフォーム 改修 宇都宮市 高根沢町 さくら市 日光市 塩谷町 矢板市 那須塩原市 大田原市 那須町 那珂川町 那須烏山市

栃木県民の暮らしは全国的に見てもとて寒い暮らしをしています。左図では栃木県が冬季死亡者数増加率ワーストワンであることが解ります。

北関東、茨城・栃木・群馬県は冬の死亡者増加率がそろって高い。寒い北海道、青森などでは家全体を暖房する習慣がついているために住宅内でヒートショックが少なくなっています。

栃木県で住宅リフォーム、住宅改修工事を行う時に断熱リフォーム、断熱改修を合わせて行うことをお奨めする理由です。

断熱改修も合わせて行い、快適な室温・湿度を意識した健康的な生活をしてほしいと思います。