コラム一覧
栃木県、無暖房でも冬暖かい住宅。
栃木県 無暖房住宅 冬暖かい家

栃木県 低燃費住宅 超高気密高断熱住宅 無暖房住宅 無暖房でも冬暖かい住宅 施工例

栃木県那須塩原市、無暖房でも冬暖かく暮らせる超高性能住宅の施工例。

熱損失係数Q値=0.73、気密性能C値=0.50と高性能。

1・2Fにはサンルームを設け冬季は太陽熱を集熱し室内温度を上昇させる。サンルーム内部に本来の断熱ライン・樹脂トリプルガラスの窓がある。日が差してサンルームの温度が上がったころに内側の窓を開ける、日が沈む前に窓を閉めることで太陽熱を室内に貯めこみ無暖房でも暖かく暮らすことが出来る。

 

 

 

無暖房住宅 サンルーム

栃木県 那須塩原市 無暖房住宅 無暖房で冬暖かい家 高性能 住宅 性能

栃木県那須塩原市の寒い冬をほぼ無暖房で暖かく暮らすためには、冬季の集熱量を大きくし、住宅の性能を高める必要があります。左の家は1階・2階共にサンルームを再アイゲンに設け集熱量を大きくしています。(サンルーム内側に本来の断熱ラインが有り、樹脂ペアガラスの窓が設置されています。)

熱損失係数Q値で言えば0.7程度が必要であると考えています。暖房しないで暖かい家にするためには、太陽の熱を家の中に蓄える必要がありますので、南面窓か集熱し、その熱を蓄える蓄熱量が大きな家にする必要が出てきます。

太陽熱をたくさん蓄えるには室内が厚くなりすぎないよう、潜熱蓄熱材・床下の基礎コンクリート、蓄熱量の大きい仕上げ材などを使用し蓄熱量を確保します。

 

 

サンルーム 冬季集熱 宇暖房でも冬暖かい家

栃木県 那須塩原市 無暖房住宅 冬無暖房で暖かい暮らし 高性能住宅

1階サンルームの写真です。左側がサンルームの集熱窓、右側が室内との間の壁。窓(断熱ライン)。

※長期優良住宅の認定を受けており、耐震等級2と地震に強い家にもなっています。

在宅の場合は、断熱ラインの窓を開け、サンルームの温まった熱を室内に取り込み、日が沈む前には閉めることで室内の温度を高く保ちます。

お出かけの場合は、サンルームの熱を床下に取り込むファンが設置されていますので(温度センサー付き)自動運転伊切り替えます。

サンルームの奥行きは1m以上ありますので、布団を干すにも便利。ご家族が花粉症でもあるため、花粉の時期の洗濯物・物干しもサンルーム内で出来ますので安心です。

実際に一年以上暮らしていただきましたが、暖かく暮らしていらっしゃいます。

太陽光発電・太陽熱温水機を設置したゼロ・エネルギー住宅でもありますが、光熱費は(オール電化住宅)年間4万円ほど売電額が上まわっているようです。

 

 

栃木県 無暖房住宅 無暖房で冬暖かい家

栃木県 那須塩原市 無暖房住宅 冬暖房無しで暖かい家 高性能 住宅 木の家

無暖房住宅は夏暑いと思われる方も多いかもしれません。当然ながらどんな住宅でも日射遮蔽をしっかりしないと夏暑い住宅になりますので窓の外側での日射遮蔽は必須です。

左の写真は、1階窓の外に電動ブラインドが設置されています。ルーバーの角度は180度可動しますので好きなく度に調整できます。視線が気になる市街地も便利だと思います。

2階には外付けシェードが設置されていますので日射遮蔽が簡単にできます。

その他の窓にも稼働ルーバー(手動)を設置し夏涼しい暮らしが簡単にできます。

高性能住宅でも僅かですが、夏場は熱が侵入し、内部発熱(室内の家電・照明・人体)がありますので、少しの冷房に頼ることになりますが、涼しく暮らせます。

 

栃木県 無暖房住宅 冬暖かい家

栃木県 宇都宮市 無暖房住宅 無暖房で冬暖かい家 高性能住宅 木の家 性能

栃木県宇都宮市のほぼ無暖房住宅。

サンルームは設置していませんが冬季の集熱量の大きい住宅です。外張り断熱+充填断熱、窓は樹脂トリプルダラス仕様、冬至の時期に窓に影の当たらないパッシブ設計になっています。

住宅地ですが南面に建つ二階建ての住宅の影がぎりぎり窓にかからない配置になっています。軒の出・ベランダの影も同様で冬季・最大限の集熱量を確保しています。

夏はもちろん窓の外でのシエードによる日射遮蔽が出来るようになっています。

ほぼ無暖房で暮らせる宇都宮市の施工例です。熱損失係数Q値=0.87の高性能住宅。