コラム一覧
栃木県、冬暖かい家づくり、田舎暮らしの土地探し。
栃木県 田舎暮らし土地探し

栃木県 冬暖かい田舎暮らし 土地探し 湿気対策 傾斜地 分譲地 那須町 那須塩原市 さくら市 矢板市 日光市

栃木県で冬暖かい田舎暮らしのための土地を探す場合に気を付けてほしいことがあります。

30年ぐらいまで前は、栃木県北部の那須町では夏冷房しないで十分暮らせていましたが最近は「エアコンが無いと快適に生活するのが難しくなっています。

だからと言って冬暖かいかというと温暖化の影響で凍結震度は浅くなっていますが1月~2月には-10℃を下回る寒さになる日もあります。

 

 

 

栃木県 土地探し 日当たりのよい土地

栃木県 田舎暮らし 冬暖かい家 土地探し 価格 家の性能 那須塩原市 日光市 さくら市

土地を探す場合に利便性は言われなくてもだれもが確認していると思います。どんな暮らしをされるかで希望の土地の条件も当然違うでしょうし、価格も気になります。

左図の分譲地の区画図(ネットから借用)の土地はやや南西向きの土地で、東西に長い区画になっています。この分譲地が70坪ぐらいだとすると東西が17m×南北13.6m=231.2㎡(約70坪)ぐらいでしょうか。

総二階建て40坪(東西5間×南北4間)で建坪20坪の家と仮定してみます。

北側に1m開けて4間の家を建てると、4間×1.820=7.28ですので、13.6m-1.0-7.28=5.32m(南側境界まで)です。

南側の敷地に家を建てる方も1mぐらいは離して家を建てるので家の間隔は5.32m+1.0mで6.32mとなります。

 

 

 

栃木県 冬暖かい田舎暮らし 土地探し

栃木県 冬暖かい家づくり 田舎暮らし 立地条件 冬の影 土地探し

地域によって少し違いますが、冬の太陽高度が低いので建物の高さの1.7倍ぐらいの影が出来ます。

住宅2階建ての桁までの高さは6m~6.5mなので、冬の影は10.2m~11.05mになります。この分譲地の場合はおそらく1階の掃き出し窓が1F床~1m~1.5mぐらいまでが日陰になってしまう可能性が高いと考えられます。

建物が経っていないときは気になりませんが、冬朝8:00、蛭11:30~夕方3:00頃に土地を見に行くと冬の日当たりがある程度想像できます。

 

 

 

 

 

 

 

 

栃木県 土地探し 冬暖かい田舎暮らし 立地条件 価格 日陰 三階建て

栃木県 土地探し 冬暖かい田舎暮らし 立地条件 価格 日陰 三階建て

住宅地の場所にもよりますが、南側に3階建てが建ってしまうこともあります。左の写真は低めの三階建てですが桁までの高さは8.3mありますので、冬至ごろの影の長さは14.11mぐらいになります。

この家の北側に家を建てると冬の間1階の南面窓からの日差しはあまり期待できないということになります。

栃木県で冬暖かい田舎暮らしの土地探し、出来れば土地の購入前に建築業者に相談してみてもらってくださいね。

自分たちの希望の家を建てたら、土地代、設計、造成、住宅建築費、外構、借入諸費用など総額を確認してから、土地の購入を決めると失敗する確率が低くなりますので。