コラム一覧
ヒートショック対策、寒いお風呂・脱衣室、冬暖かいリフォーム断熱改修・断熱リフォーム。

冬暖かいリフォーム ヒートショック対策 水回り 浴室 UB 脱衣室 トイレ 断熱改修

そこそこ寒い地域で、栃木県民の暮らしはヒートショックの危険がいっぱい。
寒いお風呂・脱衣室から、暖かいお風呂・脱衣室に断熱リフォーム・断熱改修してヒートショックの木県の無い暮らしませんか。

ユニットバスにリフォーム、UBの断熱ぐらいでは、暖かいお風呂にはなりませんのでご注意ください。

 

 

 

 

冬季死亡者数増加率 ヒートショック対策 断熱改修 冬暖かい水回りリフォーム お風呂 UB 脱衣室 トイレ

栃木県民の暮らしは冬季死亡者数増加率、全国でワーストワンの危険な暮らし方をしています。

まだまだ、寒い暮らしが危険であることを知らない方も多い。

寒いお風呂・脱衣室は、浴室での溺死(ヒートトショック)する危険が高い。ヒートショックは寒い脱衣室・浴室・トイレ窓で裸になる場所で発生することがほとんど。血圧の急激な変化が原因です。
冬暖かい断熱リフォーム、全館暖房でで安全に暖かく暮らしてほしいと思います。

 

 

ヒートショック年間死亡者数 栃木県 水回りリフォーム 断熱改修 お風呂・脱衣室 トイレ

ヒートショック、実は浴槽内での溺死が多い。

お風呂の湯温高め+長時間は危険です。寒いお風呂は湯音を高くしたくなるのでご注意くださいね。41℃以下の湯音が良いようです。

ヒートショックに家族がならないため、脱衣室・浴室の温度を意識してください。居室(リビング等)の暖房は20℃~23℃だと思いますが、裸になる脱衣室・お風呂は27℃ぐらいの暖房が望ましいようです。

 

着衣時の体表面は35℃~36℃です。20℃のところで裸になれば温度差15℃~16℃となり血管が収縮し血圧が上がってしまうからです。10℃以下の脱衣室・お風呂はヒートショックの危険性大です。

s ヒートショック対策 寒い浴室・脱衣室は危険 冬暖かいお風呂・脱衣室 トイレ

寒い脱衣室・洗い場で裸になり血圧上昇、暑い浴槽に入って血圧が急激に低下、場合によっては意識ががなくなり浴槽に沈み込んで溺死してしまう。

 

今まで元気だった方が、突然お風呂で溺死してしまう、私の住む地域でも毎年のように発生しているようです。

家族が注意していれば防げるヒートショック、あなたの家族は大丈夫でしょうか。

 

ヒートショック対策 年齢別 冬暖かいリフォーム 脱衣・浴室 トイレ

ヒートショック、溺死は65歳以上の高齢者がなる確率が高くなっています。

私の両親もそうですが、脱衣室・お風呂を暖房する習慣がありません。冷たいタイルの床で爪先立って入浴していたのを思い出します。

室温を意識した生活で家族をヒートショックから守って下てくださいね。

 

栃木県で冬暖かいお風呂の暖かいお風呂への断熱フォーム、断熱改修は、
木の城工房へご相談ください。