コラム一覧
栃木県で冬暖かく暮らす、木の家の性能?

栃木県 冬暖かい家で健康的に暮らそう

栃木県民の冬の暮らしは日本で一番危険な暮らし方です。冬季の死亡者数増加率全国ワーストワン。ヒートショックや熱中症にならない、健康的に省エネで暮らすためには、家の断熱性能はどこまで必要になるとおもいますか。

断熱性能が低くても、家全体を暖房すれば良いと思う方もいるかもしれません。が、暖房しても10℃以上にならいという家にお住まいの方もいるのが現実。

無断熱住宅であったり、隙間だらけの家で暮らすのは危険なんです。

 

家の断熱性能

栃木県 冬暖かい家の性能 Q値 熱損失係数

快適に暮らすための家の性能には熱損失Q値で比較するのが一番。断熱性能・換気による熱損失も含めて床面積当たりどのぐらいの熱が逃げてしまうのかの比較で数値が低いほど断熱性能が高いということになります。

栃木県の木の城工房では、家の性能、熱損失係数の違う商品モデルを用意しています。

 

 

栃木県 家の性能
高気密高断熱住宅 UA値

 

外皮性能(天井・外壁・窓・床)の断熱性能を比較するUA値で比較するように国が誘導していますが、家の形状は無視された数値でUA値が低くても、凸凹の多い家は熱損失が小さな家とはならないことも多い。

UA値は換気による熱損失もふくんでいません。家の断熱性能が高くなるほど換気による熱損失の割合が高くなりますので、UA値と共に熱損失係数Q値も併せて確認してほしいと思います。

 

 

栃木県 家の性能 気密性能C値 高気密高断熱住宅

熱損失係数Q値、外皮性能UA値と共に家の性能に大きくかかわるのが家の隙間。

隙間がたくさんあっては、せっかく暖冷房しても熱が逃げて行ってしまいますし、壁体内結露が発生し家の寿命が短くなったり、カビの発生で健康被害が起こることもあります。

設計段階では、家の隙間の量は解りません。気密検査を行って確認するしかありません。隙間相当面積C値、木の城工房では新築では1.0㎡/㎡以下でお引渡しをしています。家の形状・間取り・窓の種類によって多少変化しますが0.5程度になることが多い。

木の城工房 お奨めの冬暖かく夏涼しい家の性能

栃木県 家の性能 高気密高断熱住宅 夏涼しく冬暖かい家

木の香 暖  Q値1.1

※写真はイメージです。

栃木県の寒い冬でも部屋を暖かく維持でき快適に過ごせます。自分たちの好みの室温に冷暖房することが出来る住まいとなります。

窓は樹脂・トリプルガラスLOW-E

 

 

 

 

 

栃木県 家の性能 夏涼しく冬暖かい家 高性能住宅

木の香 凄暖 Q値0.75、

※写真はイメージです。

外断熱・充填断熱のダブル断熱、パッシブ設計でほぼ無暖房の暮らしを目指すことも可能になります。

 

 

 

 

 

栃木県 家の性能 超高気密高断熱住宅

木の香り 暖・極み Q値0.5、

※写真はイメージです。

超高性能住宅といって問題の無い性能です。暖冷房費も極限まで少なくでき快適な暮らしが実現できます。

 

 

 

 

どこまで家の性能を求めるか、栃木県で冬暖かく夏涼しい健康的な生活は、熱損失係数Q値は県央以南なら1.3以下、県北なら1.1以下が望ましいと考えています。