コラム一覧
栃木県民、冬を暖かく健康的に暮らしてほしい。

 

栃木県 冬季死亡者数増加率ワーストワン 下野新聞記事

栃木県冬季死亡者数増加率ワーストワンであることは、何度かお知らせしていますが、栃木県の地元紙・下野新聞一面に記事が掲載されていたので紹介します。

寒い、北海道・東北各県もワースト10に入っていない。

栃木県は放射冷却で早朝の気温が低いが日中日差しがあるとそこそこ暖かいためか高断熱住宅の普及率が低い。夜間~早朝の室温が下がって健康に影響を及ぼしているのではないか。

なぜ今頃?と思ってしまうが、何度でも繰り返し伝えていかないと栃木県民が、室内温度18℃以下にならない暮らしをしてくれない。もちろん家全体を暖かく保っても暖房費が安価で賄える高性能住宅・高気密高

断熱が必要なんです。

 

 

 

栃木県 冬暖かい家で健康的に暮らそう

 

北海道や東北では家全体を暖かく暖房する暮らしが普通になってきています。各部屋間の温度差が小さく、ヒートショックになりにくいせいかつをしているため冬季死亡者数増加率が少ない。北関東ではまだまだ断熱性が低い家での暮らす人が多く、居る部屋だけ、居る時だけ暖房という生活習慣の方が多い。家全体を温めたいが、ストーブ付けても室温が12℃までしか上がらない。暖房費が高くなりすぎて家全体を暖房するのは無理という意見も多い。

私の両親が暮らす隠居ももともとは無断熱、窓はアルミサッシ単板ガラスの典型的な家でした。

仕事柄、両親をヒートショックでなくしたら恥ずかしいので、窓を二重にし、天井、床下の断熱リフォームを行いました。

夏はエアコンを強制的にON。28℃設定で連続運転させています。高齢者は温度に対する感覚が鈍っているのでエアコンあっても使用せず、家の中で熱中症で亡くなる方が多いからです。

冬は暖房23℃にエアコン設定し連続運転させて暮らしてもらっています。まだタイル張りのお風呂なので入浴前からファンヒーターで浴室内を温めてからの入浴をしてもらっていますが、現在暖かいお風呂にリフォーム準備中。12月中旬には暖かいお風呂に入ってもらえるよう手配しております。

これから新築されるのであれば、高性能住宅をお奨めします。家の断熱性能Q値1.0以下、隙間相当面積0.5程度を目指してください。健康的に低燃費で暮らせます。

寒い家で暮らしている方は断熱リフォームで家全体を暖かくすることも可能です。一度に全部は無理という方にはどこからリフォームすれば暖かい家に近づくことが出来るのかアドバイスもしております。

栃木県民の冬季死亡者数増加率をワースト10から脱却させたいと思います。