コラム一覧
パッシブデザイン、パッシブ設計、栃木県。

パッシブデザイン パッシブ設計 住宅 栃木県  夏涼しく冬暖かい

栃木県で夏涼しく冬暖かいパッシブ設計・パッシブデザイン住宅。

パッシブデザイン、太陽とうまく付き合う。冬季の太陽熱を最大限室内に取り入れて蓄熱。暖房エネルギーを小さくする。夏は軒の出・庇と共に窓の外で日射遮蔽をし、日射取得を極力少なくし、わずかな冷房エネルギーで涼しく暮らせる工夫をしたデザイン。

当然ながらパッシブ設計でも高断熱子気密の性能は大切であり断熱・気密性能が低くては無意味になってしまいます。

パッシブデザイン住宅で夏涼しく暮らすために日射遮蔽を考える必要があるが、日本は梅雨があり夏至の太陽高度が一番高い時期より遅れて7月中旬から8月下旬までの方が暑い日が多い。

旧盆の頃には太陽高度も低くなってきており、軒の出、庇の出だけで日射遮蔽は出来なくなっている。この時期に軒の出で日差しを遮れると、冬季日差しを取り入れたい時期に窓に影が差すことになるため注意したい。

パッシブデザインでは通風で家の中を涼しくするという考え方があるが、最近の猛暑の夏では通風で家の中を涼しくするのは無理がある。窓を閉めて扇風機で風を造った方が現実的です。

冬季の太陽熱を集熱するため南面窓を大きく配置するが、窓の断熱性能が低いと日射のない時間の方が長いため、熱損失量が多くなってしまうので窓の性能が大切になる。

サンルームの内側に断熱ラインを設けて内側の窓の開閉で夜間の熱損失を防げると効果が高くなる。

 

栃木県那須塩原市 パッシブデザイン住宅      高性能・低燃費住宅 設計・施工例

栃木県那須塩原市、Q値0.73、1・2Fにサンルームを配置した冬季の集熱量が大きいパッシブデザイン・パッシブ設計。サンルーム内側に断熱ラインが有り、樹脂窓が設置されており、冬季日がかげる時間に窓を閉め室内に太陽熱を蓄熱、潜熱蓄熱材を設置すればベストだが潜熱蓄熱材は設置していない。。

夏はサンルームの窓の外で日射遮蔽、1Fは電動ブラインド、2階はシェードで日射遮蔽、サンルーム窓は開放して熱を逃がす。南東向きの立地のた南西側の窓にも北西窓にも可動ルーバーを設置してある。

 

 

 

外観

パッシブデザイン住宅 日射遮蔽 電動ブラインド   栃木県 夏涼しく冬暖かい家

栃木県那須塩原市のこの住宅では、電動ブラインドのスラットを70%程度閉。道路からの目隠しにも便利。スラっとを太陽の高さに合わせ、冬季日射を取り入れつつ、目隠しにも併用できます。

夏涼しい家は意外に難しいです。猛暑日が当たり前のような夏、エアコンなしで涼しい家は周囲が田園風景の栃木県以北、雑木林の中などでないと現実的でない。夜間~早朝に窓を開け、外気によって家の中を外気温+2℃ぐらいまで冷やすことは可能ですが、室内の湿度が高くなりすぎて不快であったり、カビの活性化の原因になりやすい。

無冷房で風を頼りに暮らすのは、無理して熱中症になってしまう可能性大。少しの冷房で涼しい家を目指してください。

 

栃木県 冬暖かく夏涼しい パッシブデザイン住宅  日射遮蔽

 

栃木県でも夏涼しい家づくりは難しい

日射遮蔽は、室内でのカーテンやブラインドでは効果があまりない。窓の外にブラインドを設置すると日射熱の8割程度は反射することが可能となる。

パッシブデザイン住宅では夏暑い住宅になってしまいがち、日射遮蔽は徹底しないと夏の涼しさは実感できなくなる。

直射日光を遮蔽することも大切だが、より涼しくしたい場合は住宅周囲(地面・犬走り・ウッドデッキ・ベランダ等)からの輻射熱遮蔽も考えたい。

庭が芝生や植物があると表面温度は38℃より下回ることがほとんどで輻射熱は少なくなる。

栃木県でも現在の夏は暑い、窓は開放せずに、適度にエアコンを使用し涼しく暮らしてください。

 

太陽熱取得 パッシブデザイン住宅 栃木県 夏涼しく冬暖かい家 パッシブ設計

パッシブ設計では窓の配置だ大切です。敷地の立地によっても変わりますが、一般的には南向きに家を配置し、南面窓から集熱するの効率が良い。東南向きに家を配置するのが良いとするグループがあるが、私は賛成しかねる。風と付き合うより太陽との付き合いを重視したいと考えてます。

建物の日射取得量は季節によって大きく変わる。夏季は日射取得が多いのは、水平面(屋根)→東・西面→南面→北面の順。夏季は太陽高度が高いので南面窓は軒の出で日射遮蔽も可能になるが、犬走り、ウッドデッキ、地面からの輻射熱が掃き出し窓から侵入しやすいのでヨシズ、グリーンカーテンも併せて暮らしていただくと夏をより涼しく暮らせます。東西窓は太陽高度が低く窓からの日射量が多いので、日射遮蔽は必須。特に二階窓は後からではシェード等が設置しにくいので、新築時に必ず取り付けたい。

パッシブデザインで冬季の日射取得を目指す場合、日射取得の大きい南面窓を大きくし暖房エネルギーを小さくできます。しかし、日射遮蔽を徹底しないと夏暑い原因にもなるので注意が必要となる。

高性能住宅で太陽とうまく付き合うパッシブデザインで蓄熱量の大きい家は冬暖かく夏涼しい低燃費住宅となる。