コラム一覧
栃木県那須町・那須塩原町、田舎暮らしの別荘・平屋住宅。

栃木県 那須町 那須塩原市 平屋 田舎暮らし 別荘 木の家

栃木県で田舎暮らしの木の家・別荘・平屋住宅をお考えの方、土地を購入する前にご相談ください。

全体の必要資金を把握するのはなかなか難しいものです。土地代の他に25坪×70万=1,350万円+消費税というような単純な尾ではません。

土地+伐採・造成費・建築費・外構工事費・付帯工事費など全体の資金計画をしっかりしてから土地の購入をしてください。

出来れば土地購入前にあなたの希望別荘、田舎暮らしの木に家がいくらで実現できるのか相談し把握してから土地契約してください。

 

栃木県さくら市 別荘 木の家 田舎暮らし 平屋住宅

 

 

安価な土地は造成・付帯工事費が膨大になる可能性が高く、
安価な建築費で家造り、別荘建築をすると寒くて後悔する可能性大。

寒さの厳しい栃木県で冬快適に暮らすために
栃木県・田舎暮らしの家・別荘は高性能住宅が必要です

冬暖かい田舎暮らしの家・別荘建築は木の城工房へご相談ください。

 

栃木県 冬暖かい木の家 別荘 平屋住宅 高性能住宅

栃木県の別荘・木の家・平屋住宅で快適に暮らすためのの室温・湿度の目安です。

栃木県北部では冬の最低気温が-10℃らいになります。標高が高い場所はさらに気温がが下がります。断熱気密性能の低い家では暖房しても室温が上がらない、膨大な暖房費で家全体を暖かくするのを諦めるといったことになってしまいます。

 

栃木県 冬暖かい別荘 木の家 平屋住宅

吹き抜けを造る場合には足元の温度を確保するために十分な断熱性能がないと寒くて過ごせません。炬燵・電気カーぺーとが必要なぐらい冷えてしまうことが多いんです。

床暖房を設置すれば足元の温度が確保できますが、その場合電気ヒータータイプですとランニングコストがかかりますのでご注意ください。

薪ストーブのご希望の方は、安価に薪が常に確保できるのかが薪ストーブを使い続けられるかの分かれ道です。薪を一束単位で購入していては一日の薪代が数千円になってしまいます。薪ストーブは燃やしていない場合は冬に家を冷やす筒となってしまいます。高齢になって薪割が大変になり薪ストーブを使うのを明楽メルなんて方も多いですので、栃木県に限りませんが別荘、平屋の木の家で田舎暮らしをご計画の方、慎重に考えて見てくださいね。

薪ストーブには癒されますが、冬は室内に大量に薪をストックできないと寒い夜に薪を取ってこなければならず、雪などが降っていた場合は結構つらい思いをすることもありますので。