コラム一覧
栃木県、外断熱・外張り断熱の木の家。
栃木県 外断熱 外張り断熱

栃木県 壁 外断熱・外張り断熱 高性能住宅 木の家 宇都宮市 高根沢町 さくら市 日光市 塩谷町

栃木県外張り断熱外断熱)の木の家づくりを始めて20年ぐらいになるでしょうか。

ネオマフォーム50mmを(熱伝導率0.02、熱抵抗R値2.5)ぐらいで始めました。栃木県外張り断熱外断熱)をスタートさせたのは早い方だったと思います。当時在来工法でグラスウールの充填断熱では断熱材が綺麗に施工できず、天井上の断熱材は隙間だらけで気密性能に自信が持てず断熱行の最中はお客様に現場を見せたくないと思っていたほどでした。

そんな思いの中で外張り断熱(外断熱)工法は、誰が施工してもそこそこの気密性能が確保でき、グラスウール・充填断熱と違って断熱施工の段階を見てほしいと思っていました。壁だけ外断熱(外張り断熱)で屋根は天井断熱、床断熱の組み合わせで施工している栃木県の会社は今でも多いようです。

栃木県 外断熱 外張り断熱 木の家

屋根 外断熱 栃木県 外張り断熱 木の家 栃木県 矢板市 大田原市 那須塩原市 那須町 那珂川町 那須烏山市

でも外断熱と表示するなら屋根も外断熱にしないと意味がないんじゃないでしょうか。

屋根を外断熱外張り断熱)にするのは結構手間がかかります。一度屋根野地板を貼り、その上にネオマフォーム断熱材66mmを施工して、さらに垂木野地板張りと大変です。でも、ここまでやると住宅の気密性能は簡単に数値が上がり高気密高断熱が簡単に作れるようになりました。(栃木県内、隙間相当面積2.0以下)

 

 

 

 

 

栃木県 外断熱 外張り断熱 木の家

基礎 外断熱 外張り断熱 矢板市 大田原市 那須塩原市 那須町 那珂川町 那須烏山市

基礎も外張り断熱外断熱)とし、床下も室内と同様に空気を循環させ床下が外気でなくなった家づくりは気密性能C値1.0を下回るようになりました。

外張り断熱外断熱)は断熱材メーカーの宣伝力もあり、充填断熱=不良施行が多い、外断熱工法=優れた工法 というイメージがあり、当社は外断熱工法ですと得意になって話していた時代がありました。

 

 

 

 

栃木県 外張り断熱 外断熱 木の家

熱抵抗値 断熱性能比較 栃木県 外張り断熱・外断熱工法 矢板市 大田原市 那須塩原市 那須町 那珂川町 那須烏山市

でも、冷静になって断熱性能を考えてみるとちょっと恥ずかしくなってしまうのです。栃木県で外断熱材ネオマフォーム50mmですと高性能グラスウール16k-105mmより断熱性能が低くくなってしまいます。断熱材は熱抵抗値で比較します。外張り断熱材ネオマフォーム50mm→R=0.05(厚さ)÷0.028熱伝導率=2.5。高性能グラスウール105mm→R=0.105÷0.038=2.76となります。

壁の断熱材の性能は外張り50mmと充填断熱105mmでは充填断熱の方が高くなってしまいます。※実際には柱・間柱・横架材の熱橋部がありますので壁の断熱性能は、ほぼ同じ程度となります。しかし、同じ性能出すための断熱材の価格は、外断熱工法のネオマフォームは4倍ぐらいの費用が掛かってしまいます。

外張り断熱(外断熱)工法だけ施工していた時代は、充填断熱では気密性能が確保できなかったので自社の施工能力の無さを棚に上げ、栃木県では外断熱工法が最高だとまだ信じていました。