コラム一覧
栃木県で健康的な田舎暮らし、別荘生活。
栃木県 さくら市 那須町 那須塩原市 日光市 田舎暮らし 別荘 木の家 自然素材 冬暖かい別荘 健康的な暮らし

栃木県 さくら市 那須町 那須塩原市 日光市 田舎暮らし 別荘 木の家 自然素材 冬暖かい別荘 健康的な暮らし

栃木県健康的田舎暮らし、移住、別生活をしたいと思ってくれている方を脅かすつもりはないけれど、知っておいてほしい事実があります。栃木県は日本の中で特に寒い地域でないのは皆さんご存知の通りですが、冬季死亡者数増加率はワースト・ワンの不名誉な県だったのです。

栃木県別荘地といえば那須町那須塩原市、日光市、さくら市あたりに別荘地が多い。特に那須地域は、地元民も知らないような別荘地・分譲地が多い。

栃木県でも県北地域がほとんどで、自然が残り土地価格が安かったことで過去の別荘ブームで乱開発された処も多く投機目的での売買も多かった。

最近はしっかり開発され、別荘地の管理も自治会でしっかり運営される例も多い。

栃木県 さくら市 那須町 那須塩原市 日光市 田舎暮らし 別荘 木の家 自然素材 冬暖かい別荘 健康的な暮らし

冬季死亡者数増加率 ヒートショック対策 栃木県 さくら市 那須町 那須塩原市 日光市 田舎暮らし 別荘 木の家 自然素材 冬暖かい別荘 健康的な暮らし

さて、話を元に戻して栃木県の冬季死亡者数増加率ワースト・ワンの不名誉な記録はなぜなのか?

関東の中では北に位置する栃木県・茨城県、当然ながらそこそこ寒い冬で私の住む塩谷町、2018年1月の最低気温はー12.6℃。例年より寒い年で水道の凍結被害も多く発生しました。

この、そこそこ寒い北関東での冬の暮らし方、暖房の仕方は、居る部屋だけ居る時だけの暖房という、昔ながらの暖房週刊で暮らす人がまだまだ多い。無断熱、アルミサッシ単板ガラスの家なので家全体を暖房したらものすごい光熱費になってしまうから。

 

 

 

栃木県 さくら市 那須町 那須塩原市 日光市 田舎暮らし 別荘 木の家 自然素材 冬暖かい別荘 健康的な暮らし

ヒートショック年間死亡者数・交通事故死亡者数比較 栃木県 さくら市 那須町 那須塩原市 日光市 田舎暮らし 別荘 木の家 自然素材 冬暖かい別荘 健康的な暮らし

こんな、冬の暖房習慣からヒートショックの発生が多く、冬季死亡者数増加率が多いと思われます。

ヒートショックの多くは浴室で発生、志望者の多くは浴槽内での溺死。

裸になる場所である脱衣室・浴室が暖房されておらず、室温が5℃以下の浴室・脱衣室もある。

暖房された居間との室温が大きくそこで裸になると36℃程度の体表温度が5℃の脱衣室では30℃も寒い場所に移動したのと同じで、血管が収縮し血圧が上がる。

 

 

 

栃木県 さくら市 那須町 那須塩原市 日光市 田舎暮らし 別荘 木の家 自然素材 冬暖かい別荘 健康的な暮らし

ヒートショック 入浴時の血圧変化 栃木県 さくら市 那須町 那須塩原市 日光市 田舎暮らし 別荘 木の家 自然素材 冬暖かい別荘 健康的な暮らし

浴槽内は40℃~42℃であるから今度は血管が膨張し、血圧が一気に下がり気を失い、浴槽に沈み込み溺死をしてしまう。

 

65歳以上の方がヒートショックになる例が多く、特にちゅいをしてほしい。

ヒートショックの対策は、裸になる場所の室温を上げること。出来れば27℃ぐらいまで温度を上げると裸になっても血圧の上昇はわずかでヒートショックを予防できる。

もちろん、田舎暮らしの家、別荘の断熱性能も重要で暖房費が掛かりすぎるとついつい暖房をせずに入浴してしまったり、暖房温度を下げてしまったり、「もったいない」意識が働いてしまう。

 

栃木県 さくら市 那須町 那須塩原市 日光市 田舎暮らし 別荘 木の家 自然素材 冬暖かい別荘 健康的な暮らし

健康的に暮らす室温・湿度 栃木県 さくら市 那須町 那須塩原市 日光市 田舎暮らし 別荘 木の家 自然素材 冬暖かい別荘 健康的な暮らし

健康的に暮らすための室温は夏・冬での室温の目安があります。室温と共に湿度を意識することが大切です。

冬の目覚めたときの室温は18℃~22℃、室内の湿度は45~60%と言われています。室温18℃~22℃はエアコンを付けておけば維持できますが、気密性能の低い家で湿度40%を保つのは難しい。加湿器を何台も回しても隙間から逃げてしまうからです。室温18℃でも、湿度20%と湿度50%では体感温度も違ってきます。

同じ建物内で室温18℃、湿度20%、風速ゼロでの体感温度は、17.3℃。

室温18℃、湿度50%、風速ゼロでの体感温度は、18.3℃。

栃木県 さくら市 那須町 那須塩原市 日光市 田舎暮らし 別荘 木の家 自然素材 冬暖かい別荘 健康的な暮らし

湿度とダニカビ、ウイルス 栃木県 さくら市 那須町 那須塩原市 日光市 田舎暮らし 別荘 木の家 自然素材 冬暖かい別荘 健康的な暮らし

※生活や実務に役立つ計算サイトで計算

湿度のコントロールを意識して暮らす。

ウイルスや、ダニ・カビは活発に活動できる湿度が違います。

ウイルスでは湿度50%~70%の活動が最も小さくなり、ダニは50%以下で活動が少なくなります。

先の表からも冬の湿度は40%~60%が人が健康的に暮らせる環境として良い湿度であり、過乾燥もなく快適に暮らせます。

 

 

 

栃木県 さくら市 那須町 那須塩原市 日光市 田舎暮らし 別荘 木の家 自然素材 冬暖かい別荘 健康的な暮らし

インフルエンザウイルスの生存率 栃木県 さくら市 那須町 那須塩原市 日光市 田舎暮らし 別荘 木の家 自然素材 冬暖かい別荘 健康的な暮らし

 

インフルエンザウイルスの生存率は、室温22℃、湿度50%以上では5パーセント程度と低くなります。

栃木県田舎暮らし別荘生活をされる方、ぜひ健康的な生活を心がけてください。冬季死亡者数増加率の低減を。