コラム一覧
地球にやさしい木の家づくり。

冬暖かく夏涼しい家

栃木県産無垢の木材で地球にやさしい木の家づくり。
出来るだけ国産材・栃木県産木材を用いて環境を守る(人工林のサイクル)家づくり。住む人と地球にやさしい家づくりを提案。

無垢の木の香りのする空間は、リラックス効果があることが知られています。

無垢の木材は熱を伝えるスピードが遅く、ハードな塗装をした合板フロアーより足が冷えません。

柔らかい木材ほど熱伝導が遅くなります。傷つきやすいという欠点もありますので何を優先して床材を選択するのかはあなた次第。木の城工房では無垢杉・地松・桧のフローリングをお奨めしています。

木の家は人と環境にやさしい。

 

木の家づくり栃木県産材を使うことで栃木の森の荒廃を防ぎ、森林~河川~海までの自然の循環で地域が豊かな生活が守られます。

 

 

 

 

日本では昔から木材で家づくりをしてきました。

日本では森林資源が豊かで身近にある木材で家づくりをしてきました。切ったら植えるを繰り返し森林資源のサイクルを守って環境破壊をせずに森と共存していました。

 

 

 

木材は地球にやさしい材料

木材は、鉄骨やコンクリートと比べても建築の材料となるまでの消費エネルギーが小さく地球ににやさしいのです。

 

 

 

地球温暖化を防ごう。

家を造るときの消費エネルギー、暮らしの中での消費エネルギーを小さくして地球温暖化ガスの排出を抑制しないと地球全体の温度が上がり、氷河が溶け海水面上昇、干ばつや豪雨で生態系が大きく変わってしまいます。

 

 

 

地球の温暖化をふせぐ森と木材

森の中にため込まれた炭素は木材になってもその中にあって大気中に逃げません。木材を無駄なく使い、長く使い続けること、森林を再生させるため切ったら植えることが大切。

 

 

 

 

 

若い木は二酸化炭素をたくさん吸収。成熟した木はあまり二酸化炭素を吸収しない。

若い木は二酸化炭素をたくさん樹幹にため込みますが、成熟した木は二酸化炭素の吸収量が少なくなりますので木を切って新しい苗木を植林して次の世代の森林を育てます。

 

 

 

再生可能な森、木材は再生可能な資源。

環境と山のサイクルを守るためにも森林の更新が必要です。他のものではそうはいきません。木材は廃棄するときも土に返すことが可能です。再生可能な資源で家づくりすることが地球を守ることにつながります。

家を造るなら木の家で、地球にやさしい家づくりをしてください。