コラム一覧
栃木県、高性能住宅の必要性。

栃木県高性能住宅が必要な訳。

ヒートショック 対策 栃木県 高性能住宅が必要

冬季死亡者数増加率 栃木県ワーストワン 高性能住宅の必要性 ヒートショック対策 健康住宅 宇都宮市 高根沢町 さくら市 日光市 塩谷町 矢板市 大田原市 那須塩原市 那須町 那珂川町 那須烏山市

冬の死亡者増加率、ワーストワンは栃木県。冬季に死亡者が増加するのは、北海道や青森など北の寒い地方と思ってしまうが、なんと栃木県がワーストワン。そして茨城・山梨・愛媛と北関東や四国などのも。

なぜ、栃木県が冬季の死亡者が増加するのか?理由は、まだまだ無断熱の住宅で暮らしている家庭が多いこと。暖房するのは居る部屋だけ、居る時だけ(寝る前まで)の部分暖房で、お風呂・脱衣室・トイレなどの肌を露出する場所の温度が低い生活をしているために、ヒートショックで亡くなる方が多いためだと思われる。

北海道や東北では、家全体を暖房する習慣が当たり前になりつつあり、北海道・青森の冬季死亡者増加率の低さはは、沖縄より少なく全国1・2位。

 

 

 

健康的な暮らし 室温 健康住宅 栃木県

快適な室温・湿度 栃木県 高性能住宅の必要性 ヒートショック対策 健康住宅 宇都宮市 高根沢町 さくら市 日光市 塩谷町 矢板市 大田原市 那須塩原市 那須町 那珂川町 那須烏山市

ヒートショックを無くし、健康的な暮らしの室温を維持するためには家全体の冷暖房が望ましいが、暖冷房費が膨大では継続できず、部分暖房、居る時だけの暖冷房に戻ってしまう。家全体を暖房しても暖冷房費が負担にならない料金で賄うためには断熱・気密性能が重要になる。

冬季のヒートショック、夏季の熱中症予防のためにも、夏涼しい、冬暖かい暮らしができる高性能住宅で暮らしてほしいと思います。自分が計画している家の冷暖房費がどのぐらいかかるのかは、家の性能を把握できていれば簡単に予測ができます。高性能住宅高断熱・高気密)・低燃費住宅でないと健康的な暮らしは実現しにくいのです。

 

 

栃木県での高性能住宅、どの程度の高性能が必要なのか?

栃木県 健康住宅 高性能住宅 高気密高断熱住宅

栃木県那須塩原市 高性能住宅の必要性 ヒートショック対策 健康住宅 宇都宮市 高根沢町 さくら市 日光市 塩谷町 矢板市 大田原市 那須塩原市 那須町 那珂川町 那須烏山市

熱損失係数Q値=1.0程度あれば十分冬暖かい家になるが、性能は高い方が過温度差が少なく快適、冷暖房費が少なくお財布にも優しい。

栃木県那須塩原市の高性能住宅施工例。

ゼロ・エネルギー住宅でQ値は0.73と超高性能住宅。

 

 

 

 

 

栃木県 健康住宅 高性能住宅 光熱費

栃木県那須塩原市 光熱費 高性能住宅の必要性 ヒートショック対策 健康住宅 宇都宮市 高根沢町 さくら市 日光市 塩谷町 矢板市 大田原市 那須塩原市 那須町 那珂川町 那須烏山市

冬季はサンルームの集熱効果で暖房費が大幅に削減されています。

ダブル断熱+樹脂トリプルガラス仕様。

オール電化住宅の電気代は太陽光発電の売電額でマイナスとなっています。

 

 

 

 

 

栃木県 健康住宅 ヒートショック 対策 高性能住宅

栃木県宇都宮市、高性能住宅 高性能住宅の必要性 ヒートショック対策 健康住宅 宇都宮市 高根沢町 さくら市 日光市 塩谷町 矢板市 大田原市 那須塩原市 那須町 那珂川町 那須烏山市

栃木県宇都宮市の高性能住宅、熱損失係数Q値=0.83。

ゼロ・エネルギー住宅165万、三世代同居対応30万、栃木県産材の補助金も利用しています。

分譲地で南に二階建て住宅がありますが、冬季窓に影が差すことはありません。

南面大開口の冬季の集熱効果で冬暖かく暮らせます。