コラム一覧
栃木県、木の家で環境にやさしい暮らし。

栃木県で木の家づくりをしている木の城工房、木造住宅は当然ながら山の木を伐採して土台・柱・梁・桁などの構造材に使用しています。

製造時の二酸化炭素排出量

栃木県 木の家 環境にやさしい家づくり 木造住宅

また、内装材にも無垢フローリング・無垢の建具・家具などにも使用されますが、木材で家づくりをして長く使い続けることが環境にやさしい樋ことを知ってほしいと思います。

木造住宅は製造時の二酸化炭素排出量が、RC造(鉄筋コンクリート)、鉄骨造よりも大幅に少なく環境にやさしい家づくりとなります。

そして、長く暮らして家を解体するときも木造住宅は環境にやさしい素材ですので、再利用しても薪にしてストーブで燃やすなどしても使いやすい素材です。


樹種別

栃木県 木の家 環境にやさしい家づくり 木造住宅 炭素吸収率

木は成長と共に樹幹に二酸化炭素を蓄えてい行きますが徐々に吸収できる量が減少していきます。
50年~60年も成長した木を伐採し、植林することで環境は守られ二酸化炭素の固定量は増えていくことになります。森の木を伐採すると環境破壊だと騒ぎ立てる方もいらっしゃいますが、森のサイクルを維持する森林経営は環境にやさしいと言えます。

もちろん、家や家具・内装材が長く使われることが前提です。
木材が使われるとりいうことで、山が手入れされ、サイクルが維持され、環境が守られる。山で仕事をする方の仕事が確保されなければ環境は守られないのです。

 

 

 

 

co2

栃木県 木の家 環境にやさしい家づくり 木造住宅 炭素吸収率 CO2貯蔵効果 地球温暖化防止

木材は再生できる資源です。人の暮らしを豊かにし自然環境も守れる資源なのです。無秩序な伐採ではなくしっかりと管理した木材利用をすることで地球温暖化防止、二酸化炭素(CO2)排出削減に貢献できる家づくりを目指します。

地球はこのままでは温暖化し巨大台風、猛暑日の増加、海水面の上昇など様々な気象変動を増加させ、暮らしにくい地球を後世に残すことになってしまいます。

 


機木の家を造り、長く使い続ける。伐採したら植林をするサイクルを守るためには、経済的に成り立たないとこのサイクルが止まってしまいます。
山を裸山で放置すれば洪水の原因や河川・海の生態系を崩すことになり環境に大きな影響を与えてしまいます。

二酸化炭素の固定量

栃木県 木の家 環境にやさしい家づくり 木造住宅 炭素吸収率 CO2貯蔵効果 地球温暖化防止


50年で伐採した木材を造った木の家・建材を長く使うことが環境にやさしいといえる理由です。